budokan’s diary

老後資金に不安があり、初心者おこずかい程度の資金から資産運用してみます。普段は、小説や映画が好きでお金にまったく興味がなかったので、一から勉強するつもりではじめます。30代サラリーマンブログです。

つみたてnisa取扱商品の選び方

やっとのことで、つみたてnisaの口座開設が完了しました。つみたてnisaが出来るようになるまで約1ヶ月近く掛かりました。口座開設は先にできるけど、つみたてnisaができるようになるまでが、思ったよりも時間が掛かりますね。早速はじめようと思ったけれど、あれ?つみたてnisaって取扱商品いわゆる投資信託っていうやつを、自分で選ぶシステムですが取扱商品が多すぎて何を選べばいいのかわからない〜っていう状況に陥りました。調べてみると、様々な人が色々なことを言ってて全然選べない笑。そんなとき参考にしたのが、つみたてnisa販売ランキングを参考にしてみました。月間1位レオス-ひふみぷらす?月間2位ニッセイ外国株式インデックスファンド?月間3位楽天・全米株式インデックスファンド?ひふみんとかイッセイとか面白い名前だけれど何で人気なのでしょうかね。これも、やっぱり自分で調べてみるしかないということで、レオス-ひふみぷらすを調べると、カンブリア宮殿でヒット。むか〜し少しみたことあったけれど、まだこの番組やってたんだ。たしか村上龍さんと小池栄子さん司会だったかな。なんとレオス-ひふみプラスという商品の会社がレオス・キャピタルワークスという会社で、社長の藤野英人さんという方が、2017年2月16日に出演したらしいです。出演後、取扱商品が伸びたという実績があります。内容をみてみると、社長自身が日本中を歩き回り、各地の会社を訪問し社長に会い話し、魅力や今後伸長しそうな会社に投資をしています。これを見る限り、やらせではなさそう笑。信用はできるかな。こうした会社であれば、信用できるし、なんと実績も十分でているではないですか。ランキングも1位だし、これにしようかな〜と考えていると、信託報酬なるものが掛かることがわかる。ん?なんだそれ?運用を任せる代わりに報酬を払うことらしい。いや〜決めようと思ったけれど、どうやら信託報酬が高いところは長期積立には、負担になるよう。ふ〜一旦レオス-ひふみプラスを第一候補にもう少し調べて見ることにしました。

WealthNavi

マネックス証券

初心者証券会社口座開設

つみたてnisaをはじめるには、証券会社の口座が必要ということで1番人気のsbi証券に口座開設をしてみました。口座開設自体は無料なので商品のラインナップが多い、楽天証券マネックス証券松井証券も一応だけれど口座開設だけはしておこうと思い口座開設の申し込みをしました。しかし、初心者なのでどうやって口座開設したらいいのか調べてみると、ネットから直接でき、郵送しなくても数日で出来ることがわかる。口座開設はこちらからというところをクリックし、名前住所など入力する。あれ?今って、免許証を携帯カメラで撮って送れば身分証明になるらしい。あと、マイナンバーカード?マイナンバーってなんだっけか?記憶を辿るが数年前にカードがきた記憶が、、、探してみると通知カードなるものがあったけど、これってマイナンバーだっけと思いながら、あっこれって通知カードを申請すればマイナンバー作れるんだと思いながら、カメラを用意する。どうやら免許証通知カードを携帯カメラで撮って申請すれば、審査後すぐ口座開設できるらしい。ちなみに、特定口座を開設するという項目がありますが、こちらを申し込むと確定申告が不要らしい。あれ?サラリーマンだと確定申告とかしたことないよね?どうらやサラリーマンの給与所得以外に収入が年間20万以上あると確定申告を自分でしないといけないとのこと。全然知らなかった〜笑、ってことで自分で確定申告は大変そうなので、特定口座は開設するにして、あと大事なつみたてnisaを申し込むにチェックを入れ申し込み完了。ちなみに、つみたてnisaは1社しか申し込みできないようで、他の証券会社からはつみたてnisaの申し込みはできないので要注意。他の証券会社はつみたてnisaの申し込みをせずに口座開設だけしときました。なんだか、開設するにも色々入力があり大変ですが、お金の為将来の老後の為にめんどくさいことを頑張ってやりました。数日後メールにて無事開設が完了しましたが、あれ?つみたてnisaだけ申請中になっている?税務署申請中となっていて1週間2週間経っても変わらない。こちらも調べてみると、今年からはじまったつみたてnisaなのですこし時間がかかるそうな。なかなか申請が終わらなかったので、何か悪いことしたかな?とか思いながらもなんとか、すべての申請が完了しました。あ〜よかった。

WealthNavi

マネックス証券

つみたてnisaをはじめる前に

ついにつみたてnisaをはじめてみることにしてみました。まず、はじめるにあたって何をすればいいのか調べてみると、証券会社の口座を開かないといけないらしい。ネットで調べてみると証券会社の数が多すぎて、どこに口座をひらけばいいの?初心者だと、どこが優良なのか全然わからない。そもそもつみたてnisaって自分で商品を選ぶらしいので、商品のラインナップが多いところがよさそうだな〜。ん?インデックス?アクティブ?2種類の商品があるらしいです。名前だけだと、アクティブの方がよく動いてくれそうな気もしますが、この2つ特徴がある。インデックスは経済の動きに連動し、コストが安いとのこと。アクティブは経済の動きよりも高めを目指すがコストが高いとのこと。どちらも特徴があるけれど、つみたてnisa最長20年間もつみたてするには、経済の良し悪しに連動するインデックスがよさそうだな〜コストも安いし。経済に連動するのであれば、窓際社員でも、少しは気持ち入れて仕事できそうかな。とのことで、インデックスとアクティブのラインナップが多いsbi証券楽天証券マネックス証券松井証券の4社に絞り比較検討してみることにしました。購入可能なつみたてnisa対象商品数が一番多いのがsbi証券。ここはネット証券口座開設数No1の最大手です。商品数も一番多いし、毎月つみたてだけじゃなく、毎週、毎日つみたてにすることもできる。毎日眠くなる夕方のコーヒーを我慢して、毎日100円からつみたても大丈夫です。一番人気だし、融通もききそうだからかなりおすすめです。楽天証券もほぼ変わらない商品数で、楽天カードでつみたての引き落としができるよう。楽天カードをメインで使っている人にはお得かも。マネックス証券は少し商品数が少なくなるが、マネックス証券独自の資産設計アドバイザーツール?というのがあり、初心者でどの商品を選べばいいかわからない人にはいいかも。松井証券はさらに商品数は減るが、ロボアドバイザーなるものが提案から運用をサポートする投信工房というものがあるらしい。こちらも初心者にはおすすめ。ってことで、人気という言葉に弱いので、一番人気のsbi証券に口座開設することにしました。

WealthNavi

マネックス証券

資産運用について考えてみる

  • 資産運用ってそもそもなんだろうか。株、FX、国債、不動産、色々調べてみるといっぱいあるな〜。若いうちにはじめた方がお得?でも若いうちって資金もあまりないし、遊ぶお金にも使いたいし、30代には結婚子育て住宅ローンなど、費用が嵩むし、40代は学費から諸々かかりそうだし、資産運用ってできるのか不安になりますね。手軽に月に1万とか2万で投資できないかなと思っていたところ、あれNISA?NASA?笑なんて制度があるみたいです。少額から投資できるシステム。しかも、2018年からつみたてNISAなんてものが出来たらしい。つみたてNISAってなんだろうと調べてみると、年間40万円上限?月々上限33,333円から投資できるみたいです。上限20年間投資でき、投資で得た利益は非課税になるとのこと。一般の株だと利益が出るたびに税金が掛かり例えば1万円利益がでると受け取れる利益が8,000円税金20%を払わないといけないようです。これって利益が出ただけ税金払わなくて良いので、とてもお得じゃない?こんな制度が2018年からはじまったらしいのです。ちなみにつみたてNISAだと、月々100円からはじめられるって?貯蓄があまり出来ない人や、生活がギリギリでも月に一回ジュースを買わないだけで投資できてしまうのです。しかも、月々最大33,333で20年間つみたて800万貯まりプラスリターン3%(少なめに設定でも)1090万円まじ?本当?290万の利益で非課税もなしになれば290万まるまる儲けになります。さらにリターンが高くなればなるほど仮にリターン10%に設定すると、2400万え?800万から1600の利益、毎月33,333つみたてするだけで、20年後1600万が利益になるって?これ絶対やらない方が損じゃない。ってことで、2018年1月からスタートのつみたてnisaを開始することになりました。非課税も2018年から20年間なので2018年からはじめた人の方が絶対お得です。そしてついにつみたてnisaをはじめてみることにしました。

WealthNavi

マネックス証券

なぜ急に資産運用をしようと思ったか

2017年のサラリーマンの平均年収は418万円で、金融分野の年収が特に高かった--転職サービス「DODAデューダ)」を運営するパーソルキャリアの調査でこうした結果が出ました。

夜、いつものようにビールを飲みながらへえ〜と思いながら、ネットサーフィンして見つけた記事。まあ今の時代、平均年収くらいあれば共働きで、コツコツ貯蓄し子供も育てて、老後は安泰だろうなんて思っていた。いや、いや、いや、まてよ。会社なんていつなくなるかわからない時代、もしかしたらクビ切られるかも。再就職、年齢いったら厳しいよな〜。そもそも会社勤めしたくないし。でも、社会保険あるしなかなか辞められない。転職もリスクあるし。年金ってそもそもちゃんと貰えるのか疑問。老後資金っていくらあればいいのか調べてみると、65歳時点の夫婦二人の老後資金は、3000万円必要。(厚生労働白書平成28年のデータ元)え?しかも、日本人の平均寿命は増えて、2060年には男性84歳、女性90歳なるという。え?え?長生きしたくなくなるよね。これって、少し前に話題になった下流老人にまっしぐらですよね。まずい、何かしなければって思いはじめる。調べると米国って資産運用するのが当たり前みたいだそうです。日本人はというと、日本人の預貯金の保有割合は90%超え?日本人って貯金はするけど、資産運用はあまりしない?これって日本人は安全好きってこと?知識をつけ正しい方法で資産運用しリスクをコントロールすれば、貯金してるよりもお金が増えるようです。これって貯金してるのもったいなくねえか?と思いはじめました。いつも、今やることが面倒でいつかやろうと思うことが多かったのですが、なぜか今回はやってみようと思い、おそらく資産運用で得している人がいて貯蓄しているのが損なような気がして。という理由や経緯で初心者から資産運用をはじめてみることにしました。次回は、資産運用について実際に何をはじめたのかを書いていきます。

WealthNavi

マネックス証券

初心者おこずかいから資産運用してみる

老後資金に不安があり、初心者おこずかい程度の資金から資産運用してみます。普段は、小説や映画が好きでお金にまったく興味がなかったので、一から勉強するつもりではじめます。30代サラリーマンブログです。

WealthNavi

マネックス証券