budokan’s diary

老後資金に不安があり、初心者おこずかい程度の資金から資産運用してみます。普段は、小説や映画が好きでお金にまったく興味がなかったので、一から勉強するつもりではじめます。30代サラリーマンブログです。

つみたてnisaをはじめる前に

ついにつみたてnisaをはじめてみることにしてみました。まず、はじめるにあたって何をすればいいのか調べてみると、証券会社の口座を開かないといけないらしい。ネットで調べてみると証券会社の数が多すぎて、どこに口座をひらけばいいの?初心者だと、どこが優良なのか全然わからない。そもそもつみたてnisaって自分で商品を選ぶらしいので、商品のラインナップが多いところがよさそうだな〜。ん?インデックス?アクティブ?2種類の商品があるらしいです。名前だけだと、アクティブの方がよく動いてくれそうな気もしますが、この2つ特徴がある。インデックスは経済の動きに連動し、コストが安いとのこと。アクティブは経済の動きよりも高めを目指すがコストが高いとのこと。どちらも特徴があるけれど、つみたてnisa最長20年間もつみたてするには、経済の良し悪しに連動するインデックスがよさそうだな〜コストも安いし。経済に連動するのであれば、窓際社員でも、少しは気持ち入れて仕事できそうかな。とのことで、インデックスとアクティブのラインナップが多いsbi証券楽天証券マネックス証券松井証券の4社に絞り比較検討してみることにしました。購入可能なつみたてnisa対象商品数が一番多いのがsbi証券。ここはネット証券口座開設数No1の最大手です。商品数も一番多いし、毎月つみたてだけじゃなく、毎週、毎日つみたてにすることもできる。毎日眠くなる夕方のコーヒーを我慢して、毎日100円からつみたても大丈夫です。一番人気だし、融通もききそうだからかなりおすすめです。楽天証券もほぼ変わらない商品数で、楽天カードでつみたての引き落としができるよう。楽天カードをメインで使っている人にはお得かも。マネックス証券は少し商品数が少なくなるが、マネックス証券独自の資産設計アドバイザーツール?というのがあり、初心者でどの商品を選べばいいかわからない人にはいいかも。松井証券はさらに商品数は減るが、ロボアドバイザーなるものが提案から運用をサポートする投信工房というものがあるらしい。こちらも初心者にはおすすめ。ってことで、人気という言葉に弱いので、一番人気のsbi証券に口座開設することにしました。

WealthNavi

マネックス証券